FC2ブログ

脱・関係代名詞

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


関係代名詞は先行詞が一意に定まらない文がありえます。
例えばクレームにおいて

「ケース2と、機構3と、壁に力を付与するように構成される複数のバネ4とを備える装置1」

というのが登場したとして

an apparatus 1 comprising a case 2, a mechanism 3 and a plurality of springs 4 which are configured to apply force to a wall....

と書くと、先行詞がバネ4なのかケース2、機構3及びバネ4なのかわからなくなります。
まぁ今回のように文脈から判断できるものもありますが、
このように先行詞が曖昧になるおそれがある関係代名詞はやめて、
分詞構文で説明すると、

an apparatus 1 comprising a case 2, a mechanism 3 and a plurality of springs 4, the plurality of springs 4 being configured to apply force to a wall...

とします。

まぁ日本語でも係り受け曖昧にするなってよく言われるんで同じですね。


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
スポンサーサイト



名詞⇒FIX、動詞⇒ぶれてOK

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


特許明細書の日英翻訳で、
まぁ名詞(特に構成要素)はぶれるとわけわかんなくなるので固定するとして、
(英文特有の言い換えという話はさておき)
動詞なんですが、むしろぶれていいと!

というのもいろんな表現があった方が補正の根拠としては有効なようです。

装置1は、機構2に隣接して配置される。
An apparatus 1 is arranged adjacent to a mechanism 2.

といっておきながら、別の所では

機構2の近傍に設けられている装置1は、・・・
The apparatus 1 provided in the vicinity of the mechanism 2 is ...

なんて書いておくとよかったりするわけです。というか翻訳というよりも日本語でも同じですね。
矛盾さえしなければいろんなこと書いておいた方が得策ということですな。


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

外国語特許出願の翻訳文=ミラー翻訳?

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


今仕事でPCT経由の出願(外国語特許出願)の国内移行の際の翻訳文を作成しています.
実は翻訳の仕事は事実上初めてです.

前の事務所だと現地代理人への英文による指示レターを書くくらいですかね.
翻訳っていうより直接英語で考えて書くから翻訳ではないですね,これは.

翻訳文は,とにかく直訳(いわゆるミラー翻訳)をするものだと思っていましたが,
SKIPでは以下のように考えられています.

「内容の同一性が重視されるのであって,ミラー翻訳をすればよいものではない」

ようするにミラー翻訳しても日本語では不自然なことがありますよね.
そうではなくてあくまでも内容の同一性さえ保持されれば,
選ぶ語彙や表現などは自由に選択できるようです.
これまではPCT=ミラー翻訳だと思っていたので意外でした.
(ただし欠落や新規事項の追加に気を付けなければいけませんが・・・)

翻訳する側の人間としては,その方がやりやすいです.


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

プロフィール

奥村 光平

Author:奥村 光平


カウンター (since 2017/05/06)

管理画面

 みなさん、こんにちは!

 特許業務法人 IPXという特許事務所を経営している代表弁理士COO/CTOの奥村 光平です。

【略歴】
 博士(情報理工学)/日本学術振興会特別研究員 (DC2&PD)から、鈴榮特許綜合事務所(知財未経験の特許技術者として)に入所。続いて短答試験に合格したので外国出願に強い特許事務所に転職し翌年最終合格(アソシエイト弁理士)。2018年4月に前職の同僚である押谷と特許業務法人 IPXを設立し、代表弁理士COO/CTOに就任。

【特技】
 特技というか趣味に近いですが、日英韓三ヶ国語話せます。ちなみに純ジャパニーズです^^; 一応情報系出身なので、所内のシステム組むとかもやってます。

★姉妹ブログ:
 爆速!知財の IPX ~CEOのブログ~

↑共同経営者(代表弁理士CEO)である押谷のブログです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム