FC2ブログ

論文試験突破のためにすべきこと

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


弁理士試験を受験するみなさんは来月の短答試験でピリピリしてると思います。
今日は短答試験ではなく論文試験において、
これやると受かるよwっていう方法を書いてみようと思います。

一発合格というわけではありませんが、
僕は働きながら2回の受験で最終合格できたので、短期合格としては現実的ではないかと思います。


↓↓↓↓
ずばり論文試験に必要なのは
『青本/審査基準等のキーワードを含めた内容の文を出力する力です。』


ここで重要なのは『出力する力』が必要であるということです。
なんでいくら青本が重要だからといって、青本通読だけをするのはあまりおすすめしません。

というか正直に言うと僕青本通読まともにやってませんw
青本は辞書と同じような使い方でしたね。
予備校の答練や過去問から重要なところをピックアップして青本を拾うという感じ。

むしろしっかりやったことは、青本キーワードを含めた短文レジュメを自分で作ることです。
これ聞かれたら、もうこれ書くっきゃねぇって状態のものを作ります。

例えば、組物の意匠を導入した趣旨と聞かれたら、

法は、手続の便宜、権利範囲の明確化を図るべく一意匠一出願の原則(7条)を採用している。
しかし近年、システムデザインやセットもののデザインが創作活動の実態として見られ、
これらは全体として使用されるときに、より大きな意匠効果を発揮することが意図されている。
そこで、組物の意匠制度(8条)を導入した。

というのをノートとか電子データとかにまとめます。
こういうのをひたすら溜め込んで本番ではそれしか見ません。

実際に僕は本番当日は自分で作ったレジュメしか持っていってませんし、
それしか見てません。


仮にも自分レジュメに載ってないものがでたらまぁそのときはそのとき。
わからないときは条文や似てそうな趣旨等を参考になんか書きましょう。
実際人工乳首事件の判旨なんか覚えてませんでしたけど、
条文参考に書いたらどうにでもなりましたし。

たぶん短期合格者は似たようなことやってる気がします。。
フレーズドライさんなんかもまさにそんな感じじゃないかな?


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ
スポンサーサイト



36条6項2号を気にしないクレーム提案

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


問題です。
特許査定であるためには、特許出願がどうあればよいでしょうか?



わかりますか?
答えは「拒絶の理由が発見されない」ことですね(特51条)。




拒絶理由は特49条各号に記載の限定列挙です。
新規出願案件においてクライアントは特許を取りたいわけですから、
とにかく拒絶理由がないと思われるクレームを初稿において提案すべきでしょうか?


僕はノーだと思っています。


これはいろんな考え方があると思いますが、
現在分かっている先行技術(新規性・進歩性)との最小限の差別化のみに着目すべきと考えています。
(サポート要件とか実施可能要件みたいな明細書ちゃんと書くってのは当たり前で、
 あくまでもクレーム(発明)の話です。)
つまり、36条6項2号(明確性)は完全度外視でいいと思っています。

むしろクレームをがっちり限定して明確にして、クライアントに提案したとしても
当のクライアントがもっと権利範囲広げたいとかいったら、
弁理士としてなんかかっこ悪いじゃないですか。

明確性ってのは限定しまくればそりゃ明確になるわけですけど、
権利範囲の広さってのは、新規性・進歩性という特許のコアな部分で
弁理士としては一番腕の試される部分なわけですよ。

弁理士としてはクライアントには可能な限り広い権利をとってほしいですし。
仮に調査が足りなくて結果的に近い引例(新規性・進歩性)があってもそれは仕方ないですね。
(そもそも調査は金がかかるのでむしろ審査官が見つけてくれるのはラッキーと思うべき!)

というわけで、クライアントの好みとかが特にないのであれば、
36条6項2号を無視して超絶に広いクレームを提案してみてはいかがでしょう?(`ー´)


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

楽しい韓国語

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


とりあえず英語はできて当たり前っぽい風潮で
TOEIC満点とかじゃないともう差別化できなそうなので

むしろもう1ヶ国語そこそこできるようになる方が楽で有効な気がしてるのです。
なんで韓国語をやってます。

単純に特許業界では中国語の方が需要はありそうですが、なぜ韓国語にしたかというと
理由は3つあって・・・

1.読み書きだけではなく喋れる外国語にしたい
2.1の観点において日本人にとって明らかに簡単
3.そもそも興味があった

1.読むだけならgoogle翻訳が強いですけどね。
コミュニケーションは最後まで対人で残ると思っているので
そもそも何千年とこの考え方があるわけよ。酒飲めば仲良くなれる的な。。

せいぜい機械翻訳等が進化したところで、これは消えない。
むしろ読み書きの方が消えてくと思ってる・・・。
だから喋れる外国語として韓国語を選んだわけです。

2は言うまでもなく漢字語と文法の共通性。

3はサブカルではなくどっちかという日本との関係等。


3ヶ月後の7月にTOPIK Iを受けるので、2級を目指します。


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

近況報告その1

 皆様、こんにちは。

 外苑前駅3番出口徒歩20秒、特許業務法人 IPXの奥村 光平(オクムラ コウヘイ)です。代表弁理士COO/CTOとして、CEOの押谷とともに当所IPXを経営しています。

URL: ipx.tokyo
アイピーエックス ドット トウキョウ と覚えてくださいね!

 IPXでは、"From XXTech to Academic Study" をポリシーに、創業当初より得意としていたベンチャー系テクノロジーから、大学・研究機関等での高度な専門性を必要とする学術研究に至るまで、多様な経歴を有するスタッフが、ソフトウェア・ICT分野(特に、AI, IoT,VR/AR, CV, 画像処理, ロボティクス, 無線通信, 制御等)の特許事案を、迅速かつ丁寧に対応いたします。「品質」と「スピード」とは徹底化されたIPX独自の3つのメソッドに基づくことで両立いたします(爆速知財サービス)。


というわけで完全にほったらかしまくっていたブログを再開します!!

まず放置しまくっててあれですが、
2月に実務修習を終え、
3月に登録申請をし、

4月5日付けで弁理士登録が済みましたワーイ\(゚▽゚=))/…\((=゚▽゚)/ワーイ.

というわけでブログのタイトルを変えますねw


姉妹ブログ:
爆速!知財のIPX(当所CEO 押谷)もよろしくお願いします。
よろしければクリックお願いします。にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ

プロフィール

奥村 光平

Author:奥村 光平


カウンター (since 2017/05/06)

管理画面

 みなさん、こんにちは!

 特許業務法人 IPXという特許事務所を経営している代表弁理士COO/CTOの奥村 光平です。

【略歴】
 博士(情報理工学)/日本学術振興会特別研究員 (DC2&PD)から、鈴榮特許綜合事務所(知財未経験の特許技術者として)に入所。続いて短答試験に合格したので外国出願に強い特許事務所に転職し翌年最終合格(アソシエイト弁理士)。2018年4月に前職の同僚である押谷と特許業務法人 IPXを設立し、代表弁理士COO/CTOに就任。

【特技】
 特技というか趣味に近いですが、日英韓三ヶ国語話せます。ちなみに純ジャパニーズです^^; 一応情報系出身なので、所内のシステム組むとかもやってます。

★姉妹ブログ:
 爆速!知財の IPX ~CEOのブログ~

↑共同経営者(代表弁理士CEO)である押谷のブログです。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ 

検索フォーム

ブロとも申請フォーム